リバイタラッシュアドバンスはなぜ人気

kodomo

まつげ美容液は、今では色々なメーカーから販売されています。そのため、初めて挑戦するという人が、たくさんあり過ぎてどれを選んだら良いか分からなくなることは、多いそうです。そこで、手っ取り早く人気のまつげ美容液というのを探してみました。

 

たくさんの人が使っているものを選んでおけば、間違い無いですから。それで見付けたまつげ美容液が、「リバイタラッシュアドバンス」でした。何よりもまず驚いたのは、そのお値段。なんと、3.5mlにつき14000円近くするんです。つまり、かなり高級なまつげ美容液ということです。

 

まつげ美容液は効果が出るまで年単位で塗らないといけないことを考えると、かなりの出費になりますよね。それなのに、なぜこんなに高いリバイタラッシュアドバンスが人気なのでしょうか?調べたところ、まつげ美容液でよくある副作用の心配が無いからだと分かりました。

 

詳しく言うと、大抵のまつげ美容液に育毛成分として配合されている化学成分が、副作用として色素沈着を引き起こすのですが、リバイタラッシュアドバンスの育毛成分はその化学成分ではなく水溶性ビタミンのため、そうした副作用は回避できるみたいです。確かに、これなら高い人気を誇るのも分かりますね。

 

 

リバイタラッシュアドバンスは下まつ毛に塗ると勿体無い!?

josei

日本で人気のまつ毛美容液としては、「リバイタラッシュアドバンス」が最近だと挙げられるそうです。しかし、実際に調べてみて驚きました。なぜなら、3.5mlにつき13000円以上と、値段がとても高級だったからです。なぜこんなにも高級なのに、高い人気を誇っているのでしょうか?

 

どうやら、まつ毛育成成分として含まれているのが、よくあるビマトプロストという化学成分ではなく、パンテノールという水溶性ビタミンであることが大きいみたいです。具体的には、パンテノールはビマトプロストと違い、色素沈着や目の充血や痒みといった副作用を引き起こしにくいとかで。

 

確かに、これなら高いにもかかわらず人気なのにも納得ですから、やはり高級な分、大切に使いたいところですよね。そこで、最小限の量で最大限のまつ毛育成効果を得られる塗り方を調べてみたところ…就寝前に、下まつ毛には塗らず上まつ毛だけに塗るのが良いと分かりました。

 

こうすることで、寝ている間に上まつ毛から下まつ毛にリバイタラッシュアドバンスが浸透するため、少しの量でもまつ毛全体にかけて均等に育毛効果をもたらせるみたいです。ちなみに、下まつ毛に塗ろうものなら、大半が顔に垂れ落ちてとても勿体無いことになるため、絶対やらない方が良いそうです。

 

リバイタラッシュアドバンスには金額以上の価値がある! 

数あるまつげ美容液の中でも、トップクラスで高級なのが「リバイタラッシュアドバンス」だそうです。お値段、なんと3.5mlで14000円弱。「ルミガン」だと3mlにつき2000円くらいですから、その差は歴然ですね。

 

しかし、まつげ美容液は、まつげが目に見えて伸びたり増えたりして来るまで半年、その効果を維持するには半永久的に塗り続けないと聞きます。リバイタラッシュアドバンスを使おうものなら、トータル的にどれだけの出費となるか分かりません。それにもかかわらず、リバイタラッシュアドバンスは人気の面でもトップクラスだそうです。

 

となると、リバイタラッシュアドバンスには、その金額以上の価値があるということですね。具体的には、まつげ美容液でよくある副作用の心配が無いそうです。その副作用とは、色素沈着。なんでも、大抵のまつげ美容液には、育毛成分としてビマトプロストが配合されているのですが、これが色素沈着を引き起こす原因でもあるみたいです。

 

しかし、リバイタラッシュアドバンスにはビマトプロストが含まれておらず、代わりにパンテノールという水溶性ビタミンが育毛成分の役割を担っているため、長期間に渡り使用しても色素沈着の心配が無いそうです。そのため、後々の副作用のことを考えると、リバイタラッシュアドバンスは全然高くないとのことでした。

 

 

リバイタラッシュアドバンスなら目尻の黒ずみを避けられる!

 

まつげ美容液を使えば、まつげの本数を増やしたり伸ばしたりすることができますが、その一方で、目尻に黒ずみができてしまうそうですね。これは、まつげ美容液にほってもたらされる、色素沈着という副作用みたいです。つまりは、シミですね。

 

なんでも、まつげ美容液によく含まれている、ビマトプロストという化学成分が原因みたいです。化学成分と聞くと、確かにあまり体には良くないような印象を受けます。ただ、厄介なことにビマトプロストは、まつげ美容液における育毛成分としての役目も担うため、取り除くことは簡単ではないそうです。

 

となると、目尻の黒ずみ対策を、面倒ではありますがワセリンなどで平行して行うしかないのでしょうか?しかし、探してみるとそのビマトプロストが入っていないまつげ美容液もありました。それは、「リバイタラッシュアドバンス」。ビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンが、まつげ育成成分として含まれているそうです。

 

そのため、長期間に渡り使用しても、目尻に黒ずみができる危険性は低いとのことでした。ただし、値段はかなり高級で、3.5mlにつき14000円近くしていました。それでも、シミ対策をしないで済むことを考えると、安いものかもしれませんね。

 

リバイタラッシュアドバンスはケアプロストと何が違う?

まつげ美容液で有名どころとしては、「ケアプロスト」が挙げられると思います。しかし、人気の方はほんの数年前に発売された、「リバイタラッシュアドバンス」の方が断然上みたいです。では、リバイタラッシュアドバンスとケアプロストでは、何が違うのでしょうか?

 

調べたところ、まずは値段が大きく異なりました。ケアプロストは3mlにつき1300円弱しかしない一方、リバイタラッシュアドバンスは13000円以上しましたから。まさか、同じまつげ美容液なのに、ここまで値段に差があるとは思いませんでした。それなのに、リバイタラッシュアドバンスの方が人気なのは驚きです。

 

なんでも、リバイタラッシュアドバンスには、ケアプロストが孕む副作用の危険が無いからだそうです。具体的には、ケアプロストにまつげ育成成分として含まれるビマトプロストは、化学成分であるが故に肌へ負担をかけ、色素沈着を副作用として引き起こすみたいです。

 

一方、リバイタラッシュアドバンスにはビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンがまつげ育成成分を担うため、長期間に渡り塗り続けても色素沈着が生じる心配は無いのだとか。見た目にも大きく影響して来る色素沈着の危険が無いのは大きいですね。リバイタラッシュアドバンスが高級にもかかわらず人気なのにも納得です。

 

更新履歴