葉酸を多く含むながねぎ

ながねぎには葉酸というビタミンが多く、造血のために極めて有用な野菜として利用されています。
多くの栽培品種がありますが、青い部分が多い種類と白い部分が多い根深ねぎの2種類に大別できます。

 

いずれの種類も栄養価が高く、貧血や発育不全を予防するために役立つ野菜となります。
最も身近な野菜の一つで、家庭菜園でも手軽に栽培できます。

 

ながねぎから葉酸を十分に摂取するためには、料理の主役として用いることが大切です。

 

薬味として少量だけ使うようでは摂取量は少なくなりますが
鍋料理などでたっぷりと使えば不足分を確実に補えます。

 

生の状態では辛味が強いですが、煮込んでしまえば豊かな甘みに変わって子供でも食べやすくなります。
シンプルに天ぷらにするだけでも美味しいもので、葉酸をたっぷりと摂取するために役立ちます。

 

カロリーを抑えたいときには、軽く茹でてから酢味噌をかけて食べることもおすすめです。

 

ながねぎは乾燥させておけば、いつでも即席味噌汁に入れて食べることができます。
旬の季節でなくても、現在ではいつでも利用できる食材です。

 

家庭菜園で大量に収穫したときには、細かく刻んで冷凍にすれば、いつでも薬味として使えます。
太めに切って冷凍にしても、煮物の材料としてすぐに使えます。