経産婦も妊活

 

妊活している女性の中には、意外に経産婦が多いんですよね。

 

妊活っていうと、初産の女性ばかりかと思いますが、意外に二人目の妊活の方が難しいこともあります。

 

晩婚だった人は、特に二人目を作ろうとする時に、かなり年齢がが上がっているので、なかなか子供が出来にくい状況になっていますね。

 

更には、せっかく妊娠しても、流産が多くなってくると言うデメリットも!
私の友達も、二人目の妊娠で、これまで2回も流産しているんです。

 

 

一人目の時には何も問題がなかったので、やはり二人目の妊娠がこんなにも難しいものだとは思わなかったそうです。
年齢が高くなると、流産が高くなるのは、本当に身近でも経験している人が多いので、気をつけないといけない部分だなって思いました。

 

 

自分は二人目は20代の後半に産んでいますが、やっぱりそこから20年後にもう一人生むとなると確かに大変そうだなって思いました。
やっぱりあんまりにも年齢が上がってしまうと、考えないといけないと思いました。

 

流産が癖になってしまうと、やっぱり安静にしていないと、危険ですよね。
初期は流産がしやすい時期なので、出来るだけ動かないようにした方が良いんじゃないのかなって思いました。

 

 

妊活中はルイボスティーで亜鉛を摂取しよう

 

ルイボスティーは美容効果や健康効果で注目されることが多いのですが、実は妊活中にも積極的に取り入れることが効果的とされています。

 

ルイボスティーに含まれる栄養素に亜鉛があるのですが、この亜鉛には体を細胞レベルで若返らせる働きがあります。

 

細胞が老化するとどうしても妊娠しにくくなりますので、妊娠を希望している時には積極的に摂取したいところです。
妊娠しやすい体作りとして、まずは細胞を若返らせて体内環境を整えることが考えます。

 

無事に妊娠できてもそこで終わりというわけではなく、その後は赤ちゃんが無事に育っていくように必要な栄養素を摂らなければなりません。

 

亜鉛は赤ちゃんが正常な細胞分裂を繰り返す際にとても重要な役割を持ち、順調に育っていくためには大切な成分です。
妊活中にはちょっとしたことが気になり、このような対策を立てる時にも体への影響が気になります。

 

ルイボスティーはカフェインを含みませんので、小さなお子様からお年寄りまで飲むことができますので、妊娠を希望している時でも安心です。

 

ルイボスティーにはグレードがあり、グレードの高いものは値段が少し高くなります。しかし、そのような商品の多くはオーガニック栽培を行っており、体に優しいので安全です。

 

 

妊娠線につわりに・・・

私が妊娠している時、それはもうつわりがひどくて、毎日辛い思いをしました。
つわりが無い人もいるようですけどね。

 

私は食べても、食べなくてもつわりがひどくて、げっそりでした。
普通、妊娠中は体重が増えると言われていましたが、私は気持ちが悪くて、5キロくらい痩せてしまいました。

 

でも、つわりが収まって後期になってくると、一気に太りましたね~。
妊娠線もその時にお腹が大きくなったので、ついたんだろうなって思いました。

 

妊娠初期では、全然お腹が出ていないので、妊娠線はつきませんからね。
やっぱり中期から後期にかけて、妊娠線予防のクリームを丁寧に塗っていると、出来にくいんじゃないのかなって思いました。

 

ただ、つわりで必死になっている人にとっては、もう妊娠線なんかどうでもよくなっているほど、やっぱりきついものがありますね。
妊娠後期まで続く人は少ないと聞きましたが、そういう人は本当に可哀想だと思いました。

 

自分は初期だけでも、本当に辛かったので、後期まで続いたら、10キロくらい痩せていたんじゃないのかなって思います。
食べづわりって、本当に気持ちが悪いですよね。

 

空腹過ぎても吐いてしまうし!
どうしたらいいのか本当に悩みました。

 

マタニティヨガで出産上手!?

出産の時に上手にいきむことが出来る人って、マタニティヨガを習っていた人が多いんですって。

 

私が産院に通っていた時に、マタニティヨガを勧めてくる看護師さんが多く、その理由を聞いたら、『出産が楽になるから』ということでした。

 

マタニティヨガの何が出産で役立つのか、よくわかりませんでしたが、実際にやってみると、「なるほど!」と思うことがありました。

 

実は、マタニティヨガでは、基本として【呼吸法】を学びます。

 

これが、出産の時に体力を温存しながら、上手にいきんで、子供を短時間で出産する呼吸法にも通じるものがあるのです!

 

陣痛には波があり、その陣痛の波に合わせて、「ここぞ!」というポイントでいきみます。

 

無駄ないきみを繰り返していると、陣痛は痛いわ、子供は出てこないわで、体力の消耗が激しく

 

最悪の場合は自力での出産を諦めないといけない状況になる可能性も出てきます。

 

そのため、陣痛に合わせた呼吸法でいきむことは出産では一番大事になってきます。

 

マタニティヨガで呼吸法に慣れておくと、当日になっても、慌てないで、上手くいきんで子供を出産することが出来るのです。

 

自然分娩をスムーズにするためには、マタニティヨガは最適な習い事だと思います。

 

 

リバイタラッシュには愛が詰まっています

 

まつ毛を伸ばすならリバイタラッシュと言われるくらい、この手の商品の中では定評があります。
もちろん私も使用しているし、まつ毛の変化もちゃんと感じていますよ。
このリバイタラッシュ、出来上がるまでのドラマが感動的なんです。
アメリカにマイケル・プリンケンホフという医師がいました。
彼の奥さんは乳がんを患っており、抗癌剤の副作用でまつ毛が抜け落ちてしまったんです。
そんな妻のために、なんとかまつ毛を伸ばす薬を開発しようと作ったのがこのリバイタラッシュだったんですね。
つまりこの商品には開発者の奥さんへの愛がたっぷり詰まっているんです。
今では世界中で愛されているわけですから、すごいですよね。

経産婦も妊活記事一覧

グリスリンサプリで妊娠?グリスリンサプリのおかげかどうかはわからないけど、妊娠することができました。もうすぐ予定日です。お腹の中での成長も順調で、もういつ産まれてもおかしくない状況です。毎日ドキドキしながら過ごしています。私は、だいたい2年ほど妊活をしてきました。妊娠できなかったのは、私の排卵障害が原因でした。多嚢胞性卵巣症候群だったこともあり、それが余計に妊娠できにくい体を作っていたのです。注射...

胎児の発育不良を改善する葉酸サプリ妊娠中の女性が積極的に摂取することを推奨されている栄養補助食品は葉酸サプリです。葉酸とはビタミンの一種で、ホウレンソウなどの食物に含まれる栄養素です。必要な量を摂取すると胎児の発育不良を改善し新生児障害、たとえば神経管閉鎖障害が起きる可能性を50%から70%減らせると考えられています。日本人は新生児障害の一つでもある二分脊椎の起こる可能性が他国に比べても多くこの発...