マタニティヨガで出産上手!?

出産の時に上手にいきむことが出来る人って、マタニティヨガを習っていた人が多いんですって。

 

私が産院に通っていた時に、マタニティヨガを勧めてくる看護師さんが多く、その理由を聞いたら、『出産が楽になるから』ということでした。

 

マタニティヨガの何が出産で役立つのか、よくわかりませんでしたが、実際にやってみると、「なるほど!」と思うことがありました。

 

実は、マタニティヨガでは、基本として【呼吸法】を学びます。

 

これが、出産の時に体力を温存しながら、上手にいきんで、子供を短時間で出産する呼吸法にも通じるものがあるのです!

 

陣痛には波があり、その陣痛の波に合わせて、「ここぞ!」というポイントでいきみます。

 

無駄ないきみを繰り返していると、陣痛は痛いわ、子供は出てこないわで、体力の消耗が激しく

 

最悪の場合は自力での出産を諦めないといけない状況になる可能性も出てきます。

 

そのため、陣痛に合わせた呼吸法でいきむことは出産では一番大事になってきます。

 

マタニティヨガで呼吸法に慣れておくと、当日になっても、慌てないで、上手くいきんで子供を出産することが出来るのです。

 

自然分娩をスムーズにするためには、マタニティヨガは最適な習い事だと思います。